マツダ ビアンテ

マツダビアンテは、安定したシャシーと優れた空力で、快適で楽しく静かな高速クルーズを実現している車です。リニアなハンドリングと、静かな高速性能が自慢の車です。ワンボックスは空気抵抗が大きくなりがちで、横風やリフトにも弱い性質がありますが、マツダビアンテは、クラストップの空力性能を誇っています。そして、Aピラーの角度、ドアミラー、ルーフ後端、Dピラー形状などを基本シルエットとして、フロントスポイラー、エンジン・アンダーカバー、リアタイヤ・ディフレクターなど、細部にわたって空力にこだわった設計仕様となっています。マツダビアンテのスタイリングで優れているのは、何と言っても、フロントライトからAピラーにかけてのラインと、低いベルトラインによるグラスエリアになります。Aピラー基部には三角窓が装備されていて、そのデザインは視界の広さにもつながっています。前方視界の死角の少なさと、低いベルトライン、そしてシアターレイアウトシートの相乗効果による開放感が最大の魅力となっています。そして、最小回転半径が全車で5.4mとなっていて、5ナンバーのライバルと比べても、クラストップの小回り性能となっています。


結婚